2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
 
 
 
 
 
 
会社紹介
 

株式会社 木村ワールドは、NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会が認証した商品のみを 専門に販売する会社です。木村秋則氏より直接指導された栽培方法によって作られた岡山県産の 自然栽培米と、それらを原材料にした加工品のみを「認証品」として、販売しています。 ◆株式会社 木村ワールド ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■商号       株式会社 木村ワールド ■所在地      〒712-8046 岡山県倉敷市福田町古新田298 ■設立年月日    平成22年11月1日  ■資本金     500万円 ■代表取締役社長  山田 徳三郎 ■事業内容   農産物の製造、加工、販売 ■取引銀行   ゆうちょ銀行、中国銀行 ◆NPO法人 岡山県木村式自然栽培実行委員会について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ NPO法人 岡山県木村式自然栽培実行委員会は、『奇跡のリンゴ』で知られる篤農家で、 (株)木村興農社代表でもある木村秋則さんを岡山県へ招聘し、木村式自然栽培を米づくりに 応用した農業指導を受けながら、生産・流通を目指して、2010年にNPO法人を設立した団体です。 木村秋則さんの提唱する『自然栽培』を通じ、農家や消費者、協力団体と共に、 地球と人にやさしい「農」と「食」のあり方をみんなで一緒に考え、活動しています。 NPO法人 岡山県木村式自然栽培実行委員会のホームページはこちら http://www.oka-kimurashiki.jp/ ◆自然栽培とは… ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 『自然栽培』は、木村秋則さんが長年の試行錯誤の中で、リンゴをはじめとする農作物を 自然界の摂理を生かしながら栽培していき、その過程を命名したものです。 山や空き地では、肥料も何もないのに木々が茂り、草が生えています。 これは元々、太陽や水、自然界にある酸素や窒素、何万もの微生物などを活用しながら、 植物が自生しているからです。『自然栽培』はこのようなたくましく自生する植物に倣い、 自然界に元々備わっている摂理を生かすために、土壌や作物に人為的な手を加えないように しています。こうした考え方から、一般的に『自然栽培』は、農薬はもちろんのこと、 化学肥料・有機肥料を一切使わず、自然の摂理のじゃまをしないように栽培します。 自然栽培の圃場では、さまざまな生物が生息・生育し、人々の生活文化が育まれ、 長い年月を経て、ようやく多義的な空間となっていきます。 こうして圃場が長い時間をかけて、より近く自然に寄り添っていく姿を、 わたしたちは『自然栽培』と呼んでいいのではないかと考えています。 『自然栽培』はまぎれもなく、日本人が忘れかけていた、自然回帰による営みなのです。